Japan

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)
  1. home
  2. 妊娠・産後ママの尿もれ
  3. 残尿と出産、卵巣のう腫|尿もれ相談

起床してすぐのおしっこが出にくく、残尿があります。卵巣嚢腫との関係は?

朝、起床して排尿しようとすると、尿が出にくいことがあります。ちょろちょろと出ますが、全部出た感じがありません。30分から1時間ぐらいすると尿意を感じ、起床時の残りが出ます。症状は1年前からです。


その後の排尿の勢いはありますが、残尿は感じることがあります。病院を受診したところ、残尿が 60mlほどあると言われました。


5年前に出産し、子どもの体重は3720gありました。その後、生理時に腰痛があります。2年半前、卵巣嚢腫の手術を受けました。卵巣嚢腫の手術は4回しています。卵巣はまた大きくなっており4cmほどあります。


今、残尿(特に起床時)があるのは、過去の卵巣嚢腫や出産が関与しているのでしょうか? 現在大きくなっている卵巣と関係はありますか? 治療は、どのような方法がありますか?(みいこ・37歳)

排尿不能の経験がなければ、排尿のしづらさは心配なし。穏やかな排尿を心がけて。

「なんとなく排尿しづらい」「排尿後にもすっきりしない」などの症状は、出産歴のある40歳前後の女性には、ときどき聞かれる症状です。


この症状は、とくに起床時に強く自覚されがちです。というのは、起床時には膀胱に尿がたくさん溜まっており、尿の排出に膀胱の強い収縮が必要になるためです。膀胱収縮力の低下の原因は、出産や加齢などです。


出産時のお子さんの体重が3720gと大きいようなので、あくまでも推測に過ぎませんが、膀胱や尿路神経系への負担が大きかった可能性はあります。卵巣嚢腫やその手術は、膀胱機能に直接影響を及ぼすことはありません。


「残尿感」について。膀胱の収縮力が低下して排尿後に尿が残る場合、その残った尿はその膀胱によっては、まずほとんど自覚されません。


「残尿感」なる症状は、残尿そのものの自覚ではなく、むしろ、尿の排出に少々の問題がある場合の刺激症状です。つまり、「尿の出が弱い」「尿の排出がスムーズでない」などにより、残尿感を感じているとお考えください。


起床直後の排尿から30-60分経って出る排尿を、当事者はしばしば「残った尿の排出」と表現しますが、調べてみると大抵は利尿が亢進して(=腎臓でたくさんの尿が作られて)新たに尿意が感じられたものです。


排尿しづらさについては、とくに排尿不能に陥った経歴があるのでなければ放置して大丈夫。


残尿感は、スムーズに排尿できない時に強くなりますので、なるべく穏やかにひと続きに排尿し、絞り出したり途中で止めたりしないよう願います。


ただし、もしも膀胱瘤や子宮脱などがあるなら、今後排尿しづらさが強まるおそれはあります。これについては、卵巣嚢腫のことで婦人科に受診する折に、ついでに診てもらってください。


監修:社会福祉法人三井記念病院 産婦人科医長 中田真木先生