Japan

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)
  1. home
  2. 妊娠・産後ママの尿もれ
  3. 産後、生理前の尿もれ・おねしょ|尿もれ相談

産後8年、尿もれが改善されません。とくに生理前がひどく、おねしょもしました。

専業主婦で8歳の子どもがいます。出産から8年経ちますが、出産後より現在まで尿もれが改善されず悩んでいます。


くしゃみをした時、走ったりジャンプした時はもちろん、予想していなかった人とばったり顔を合わせた時、子どもを大きな声で叱った時などにも起こります。症状がひどくなるのは、排卵期から生理直前までの期間で、胸が張ったり、おなかが膨らんできたりするときと重なり、普段と比べてとくに尿もれしやすい状態です。


そのような時は「あっ! 少し出たな」という感じですが、とくに何もしていない時でもじんわりと染み出ているようなこともあります。そして、1日中おしっこがもれそうな感覚があり、陰部がもやもやしています。


生理が始まるとだんだん治まっていき、次の排卵までは、尿もれがなくなるわけではありませんが、ものすごく気になるというほどでもなく、陰部のもやもやした感覚も治まります。


1年前に(生理前の時期)初めて「おねしょ」をしてしまい、その2カ月後、4カ月後にも同様の症状が出ました。完全に無意識のうちの出来事で、朝起きて気づく状態です。下着を少し濡らす程度ではなく、布団まで濡れてしまいました。1-3日続き、その後は大丈夫でした。


それ以降、おねしょはなかったのですが、最近またやってしまいました。前回同様、全く無意識の出来事で、翌日も布団までは濡らさなかったものの下着が湿っていました。やはり生理前の時期です。


この尿もれしやすい状態が気になって仕方がありません。おねしょまでしてしまう状態は、かなり重症ということでしょうか? 病院を受診するべきでしょうか?


骨盤底筋を鍛える体操などもやったりしていますが、なかなか続きません。セックスの時も尿もれしてしまうので、夫婦生活もほとんどありません。夜はもちろん、日中も気になり落ち着きません。(parder・46歳)

生理前の夜尿症は珍しいこと。分泌物かどうかパッドをあてて確認しましょう。

生理前の時期、頻尿、切迫感、腹圧性尿失禁などが悪化する、ということはよく聞きます。一方、生理前になるとおねしょする、というのはやや珍しい症状です。生理前に夜間もれ出す液体は本当に尿でしょうか、また夜間の尿もれのエピソードは本当に生理前の期間限定で起こるのでしょうか、じっくり観察してください。


睡眠中、布団の中で尿の排出が開始してしまう場合、ふつうは200-300mlを越える量になります。これは一大事です。もし、parderさんの夜間の湿り気がどうみても睡眠中の自動的な排尿であるなら、生理前限定であろうとそうでなかろうと、ぜひ泌尿器科へ相談してください。


日中の膀胱尿道の症状については、過活動膀胱や腹圧性尿失禁が排卵や生理の周期によってよくなったり悪くなったりする人はたくさんいます。これは、生理前には子宮が充血し浮腫状になるためと言われています。


排卵や生理の周期に紐付いて膀胱尿道の不具合も波がある場合、念のために、婦人科で子宮筋腫や子宮内膜症など、原因になる病気がないかどうか診てもらいましょう。思わぬ子宮の病気が見つかることもありますよ。


骨盤底筋トレーニングは、排卵と生理の周期に紐付いた膀胱尿道の不具合には、あまり効きません。力を入れなくてよろしい。


ご指摘のとおり性生活で尿もれするとどうしても遠ざかりがちになりますが、性生活のためというのではなく、「この尿もれしやすい状態が気になって仕方がありません」というレベルの腹圧性尿失禁を放置しておくのはどうかと思います。この問題は、尿失禁手術をこなしている泌尿器科や女性骨盤底の専門施設へご相談なさるのがよいでしょう。


監修:社会福祉法人三井記念病院 産婦人科医長 中田真木先生