Japan

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)
  1. home
  2. 妊娠・産後ママの尿もれ
  3. 出産後の肛門のゆるみ|尿もれ百科事典

出産後の肛門のゆるみ

出産後、大便をしたいとき切迫感が強い、下痢をすると便がもれるなど、肛門のゆるみを自覚する女性は少なくありません。出産後に自覚される便意の切迫感や便もれなどには、肛門のゆるみだけでなく、体質や大腸の働き(便の硬さ、排便の回数、大便を送り出す大腸の蠕動運動の強さ)が関係しています。


骨盤底筋は、骨盤骨格の側方に固定された左右の肛門挙筋が中ほどで肛門と会陰を介して合体した構造をしています。胎児が娩出されるときには、この肛門挙筋と肛門・会陰の複合体が強く引き伸ばされ、一部が損傷されることがあります。

①尿道 ②肛門挙筋 ③会陰 ④肛門

骨盤底の3D超音波画像。40代女性の傷ついていない骨盤底筋を含む断層像を描出したもの。



肛門のゆるみが起こる原因として、以下のようなものが知られています。

35歳以上の年齢での初産、3500gを超える大きな胎児、子宮口が全開大してから娩出までの経過が5時間以上、鉗子・吸引による娩出などの場合に、肛門のゆるみが残るリスクは増大します。


低下した神経機能は、時間がたつとある程度回復します。腟周辺のしびれ感がとれたり、感じなかった便意を感じるようになったりするのは神経機能の回復を示しています。傷ついた筋肉の損傷箇所は、残念ながら回復しませんが、残された筋肉がその代わりに強く収縮するようになり、ある程度補われます。



監修:社会福祉法人三井記念病院 産婦人科医長 中田真木先生