Japan

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)
  1. home
  2. 妊娠・産後ママの尿もれ
  3. 出産後のセルフケア|尿もれ百科事典

出産後のセルフケア

出産で傷んだ筋肉や靱帯は、順調ならば約1~2カ月で、以前と同じくらいの内臓の重みを支えられるように戻ります。それまでの期間は、労作のトータルを減らす、日中少しずつ横になる時間をとる、など骨盤底の養生に努めることが大切です。


出産後、早くから体形を戻そうとするのは問題です。体形補整のためのコルセットやガードルをつける場合は、産後4週頃に受ける褥婦健診で子宮下垂や膀胱瘤の問題がないとわかってからにしましょう。


早くから胴回りを締めることで美しい体形を取り戻せるという根拠はありません。逆に、この時期に胴回りを強く締めつけることの害ははっきりしています。子宮や膀胱が腟内に押し込まれ、骨盤臓器脱や尿もれになってしまうおそれがあるのです。


同じ理由で腹筋を鍛える体操も、褥婦健診をぶじ通過するまでは、開始しないでおきましょう。胴回りが少々すっきりしても、股の間に子宮や腟がはみ出してきたら元も子もありません。


昨今、出産後に恥骨結合(左右の恥骨が下腹部で合わさっている場所)や仙腸関節(背骨と骨盤が移行するつなぎ目)がゆるんで痛む、左右の腹直筋が臍の両側に分かれてしまう(腹直筋離解)などの問題が増加しています。これには、出産年齢の上昇などの原因がありそうです。


これらの問題は骨盤底や膀胱尿道とは少し別のことですが、骨盤底筋トレーニングや

フィットネス一般の妨げになります。セルフケアだけで対応するのはやや難しいので、産科の担当医を通して整形外科などの専門診療科へご相談いただくことを奨めます。


監修:社会福祉法人三井記念病院 産婦人科医長 中田真木先生