Japan

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)
  1. home
  2. 病院への受診をお悩みの方
  3. 卵巣がんの術後に尿もれ|尿もれ相談

卵巣がんの摘出手術をしました。気づかぬうちにもれている、その原因は?

昨年、初期の悪性の卵巣がんで摘出施術を受けました。両卵巣、子宮、大網、リンパ節の摘出を受け、その後順調に回復しましたが、ここ数日はトイレが近くなり、気がつかないうちに下着に尿がもれている形跡があります。


最初はおりものかな?とも思いましたが、アンモニア臭がするので尿に間違いないと思います。


以前、術後の間もなく担当医に「オペの際に卵巣が膀胱の神経の近くだったので神経に傷がついたおそれもあるから、尿意を感じなくなったり排尿がうまくいかなかったり、尿もれをするおそれがある」と言われました。


しかし、それから3~4日したら尿意も排尿も普通にできるようになったので、その可能性はないと思うのですが・・・。ホルモンのバランスの崩れもあると、こちらのサイトで知りましたが、知らないうちに下着にもれた、となると困るので相談しました。


その他に原因となるものがありましたら教えてください。(みゆき・50歳)

排尿方法にも気をつけてみましょう。尿路感染症、リンパ嚢胞なども考えられます。

手術の後には、微妙に尿意が鈍くなることは珍しくないのですが、ある一線を越えていなければ自然に落ち着いていきます。日常生活ではあまり不具合を感じないことがほとんどです。


「おりものかとも思うがアンモニア臭がする」ということで、原因はやはり尿かしらとお見受けします。腟内へ入り込んだ尿が後から垂れてきたり、尿が腟壁を刺激して腟分泌物が増加し、尿とおりものが混ざった不潔な体液がしみ出して来ているのではないでしょうか。


いったん排出された尿の一部が腟内へ入り込む現象を腟内遺尿と呼んでいます。洋式トイレで太股を開かないで両側の陰唇が合わさったまま排尿していませんか?


腟内遺尿を回避するには、(1)太股を大きく開く、(2)前傾姿勢をとる、などが効果的です。それでもダメなら、(3)着座するときに両手で臀部の皮膚を左右に引っ張りながら腰掛けるようにするのも効果的です。


究極の回避策は、手におしっこがかかってしまいますが、(4)陰唇を手の指で開きながら排尿する、です。(4)は、毎回やらなくてよいので、テストやチェックのつもりでやってみてください。


それと、排出が済んで下着を上げる前に、トイレットペーパーを替えてよく尿を吸い取るのも効果があります。このときゴシゴシこすると紙の切れ端が残留し不潔になってしまいます。押しつける、タップする、小さくもむように動かす、など工夫しましょう。


歳をとると腟内遺尿を呈する女性は増えます。中高年女性は、しばしばおしっこ臭いのです。これには、加齢に伴って陰唇が肉厚になりがちなことと体幹を包む脂肪組織が重力の影響で股の間にずれてくることが関係しています。


人によっては、小陰唇が腟の出口と外尿道口を取り囲むように出口を塞ぎます。こうなると、排尿の際に意識的に陰唇を開かない限り排出された尿は便器に落ちる前に膣腔を洗います。この状態では、よほどの努力をしない限り腟内遺尿は避けられません。


腟内遺尿は手術とは本来あまり関係ない現象ですが、みゆきさんの場合、子宮摘除術を受けて若干腟の形が変わり、隙間ができるなどして腟内遺尿の引きがねを引いた可能性があります。


また、まだ閉経していなかったとすれば、今回両側の卵巣を摘出したために急にエストロゲンレベルが下って腟粘膜が閉経後の状態に移行し、腟内遺尿の様相がますます明らかになっているのかもしれません。


ここから後のことはみゆきさんにあてはまるかどうかわかりませんが、臭気を気にしてトイレの温水洗浄便座の強い水流を長時間あびせたり、ライナーやシートで24時間腟の出口に蓋をするなどしていないでしょうか?


腟内遺尿のあるときには周辺にアンモニアや分解酵素があるわけで、強い水流で腟粘膜を刺激したり、防水シートが組み込まれた薄いライナーやシートを腟の出口に24時間あてていたら、腟炎になってしまいます。これらのことにより、ますます臭いおりものは増えるのです。


ライナーやシートについては、外出時だけあてて帰宅後ははずすとか、あるいは防水シートと皮膚の間に少し距離のできる、厚みのあるパッドを使うなど工夫してください。要は、尿を残さないこと、清潔を保つこと、風通しよくすることの3点です。


監修:社会福祉法人三井記念病院 産婦人科医長 中田真木先生