Japan

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)
  1. home
  2. 病院への受診をお悩みの方
  3. 子宮脱・膀胱瘤の治療|尿もれ相談

子宮が下がっているらしいのですが手術が必要なのでしょうか?

パートで洋品の販売をしています。半年くらい前から、立っているとトイレへ行きたくなり、行ってもあまり尿が出ないので不自由しています。


2カ月ほど前に婦人科ガン検診を受けたところ「子宮が下がっている」と言われ、産婦人科へ紹介されました。産婦人科では子宮をとって手術する必要があるとのことでした。


迷って泌尿器科へかかりましたら、今度は「子宮は下がっていません。膀胱が下がっています」とのことでした。こちらでは手術は勧めないとのことで、尿失禁の薬をいただきましたが、この薬は全く効きませんでした。


あまり具合がよくないので何とかしたいのですが、どこが悪いのかよくわかりません。私には手術が必要なのでしょうか。(みか・59歳)

子宮脱・膀胱瘤のようです。腟内装具による管理と手術による根治的治療があります。

骨盤底が緩んで、腟内へ子宮や膀胱、直腸などが落ち込む病態を「子宮脱・膀胱瘤」「性器脱」などと呼んでいます。


子宮下垂でも膀胱瘤でも、排出障害(=尿の出しづらさ)や刺激症状(=あまり尿が溜まっていないのに尿意をもよおす)は起こります。尿失禁治療薬は子宮下垂・膀胱瘤にはあまり効果がありません。


子宮脱・膀胱瘤の手当には、対症療法、ペッサリーによる保存管理、それに手術による根治的治療があります。


対症療法とは、トイレで排尿しづらい場合は脱出外翻した部分を手で押し込みながら排尿する、はみ出した部分がこすれるときには保護用の軟膏をつける、などの手当を指します。


ペッサリーとは腟内に装着して子宮を持ち上げるためのプラスチックの装具で、日本ではふつうリング状のものが使われています。


ペッサリーによる保存管理とは、この装具を使って子宮脱・膀胱瘤を腟内に押し込む治療です。手術や入院は不要ですが、頻繁な通院が必要になります。手術による根治的治療については、特に説明は要らないと思いますが、入院・手術と、引き続いての一定の療養期間が必要になります。


どの治療が最も適するかは、人により、子宮脱・膀胱瘤の状態により違います。子宮脱・膀胱瘤は慢性疾患で多くの場合進行は緩やかですから時間はあります。


みかさんは少しずつ治療の必要な段階になっているようですが、じっくりと情報を集めよい受診先を探すところから始めましょう。


産婦人科医・中田真木