Japan

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)
  1. home
  2. 病院への受診をお悩みの方
  3. 子宮内膜症・筋腫ともれ|尿もれ相談

巨大な筋腫、子宮内膜症があります。朝、下着が濡れていることがあり今後が不安です。

朝、下着が濡れていることがあり今後が不安です。現在48歳、生理は更年期により不定期になってきています。33歳で経腟分娩しました。子宮内膜症があります。妊娠中より筋腫ができ、現在も巨大筋腫があります。


右卵巣チョコレート嚢腫(のうしゅ)を腹腔鏡で部分切除手術しましたが、現在も残り部分に嚢腫があります。また、強度の後屈で病院に受診中です。


常にではないのですが、走ったり強いくしゃみで尿もれ、トイレに行きたいと思うと、止めようとしてももれてしまったりします。不安で、尿もれ専用パットを常に使用しています。


昼間はトイレの回数が多く、夜中にトイレには起きませんが、朝下着が濡れていることが多々あります。これからもっとひどくなるのかと思うと不安です。(匿名・48歳)

夜間のもれかチェックしましょう。筋腫でおりものが増えることがあります。

子宮内膜症でも腹圧性尿失禁でも、昔から夜尿症があるのでなければ、夜寝ている間に人知れず尿がもれることはほとんどありません。目覚めたら下着の中に手を入れるなど、本当に眠っている間に尿もれしているのかチェックしてください。たいていは、目覚めたときにはまだもれていません。


また、不規則な湿り気は必ずしも尿もれではなく、子宮筋腫でおりものが増えていることなどもよくあります。


閉経すれば子宮由来のおりものは少なくなりますが、もとの病気の治療とも関係することですし、子宮筋腫でおりものが多いときは、かかりつけの産婦人科医によく相談してください。


「強いくしゃみでもれる、トイレへ行きたいと思うともれてしまったりする」、尿の流出路のあたりに緩みやぐらつきがあることは確かなようです(腹圧性尿失禁)。


腹圧性尿失禁のケアは、程度が軽いときは、まず骨盤底トレーニングで経過をみます。


「走るともれる」など日常生活に支障の出ているときは最初から手術治療を視野に入れて対策を検討します。40~50歳代の腹圧性尿失禁は、ほとんどの場合手術を受けさえすれば具合よくなります。子宮筋腫があっても、特に頻尿になっていない限り子宮の手術は必要になりません。


このように、くよくよするほどむずかしい問題ではないので、まずは現状をひとつひとつ確認し問題点を整理することから始めてください。


産婦人科医・中田真木