Japan

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)
  1. home
  2. 尿もれ基礎知識
  3. 骨盤底のゆるみと尿もれ|尿もれ百科事典

骨盤底のゆるみと尿もれ

女性の骨盤底は子どもを産むのに適するように進化し、胎児を通過させるしくみが強化されています。


子孫を絶やさないためには、大きな胎児の頭を通すことが最重要課題です。このため、骨盤臓器を支える仕組みは一部犠牲になっています。臨月の尿もれや出産直後の尿もれは、出産前後に骨盤底の「通過させる仕組み」が強化されることの結果なのでしょう。


骨盤底の支持力が衰えると、膀胱と尿道の働きにもさまざまな影響が及びます。その中で、生活を脅かす問題の筆頭は、尿もれです。


妊娠出産と関係の深い「腹圧性尿失禁」は、特にトイレに行きたくないのに、せきやくしゃみ、重たいものを持ち上げるなどのふとした動作や所作で尿がもれてしまうというものです。腹圧性尿失禁を発症する人のほとんどは出産経験があり、「まったく出産したことのない人<帝王切開で出産した人<経腟分娩した人」の順に、腹圧性尿失禁になりやすいことがわかっています。


ただし、たいていの腹圧性尿失禁は妊娠中の尿もれの延長ではなく、妊娠中に尿がもれやすかった人でも、出産後にはいったん尿もれがおさまります。いったんおさまったのに、出産後数カ月から数年の間にまた尿がもれやすくなっていくのが、腹圧性尿失禁の進み方なのです。そして、妊娠中に尿もれしていた人としていなかった人では、していた人の方が将来、腹圧性尿失禁になりやすいことがわかっています。


どうやら、腹圧性尿失禁の本質は、出産で生じた骨盤底のゆるみ、そのものではありません。腹圧性尿失禁の発症とは、妊娠出産で生じた骨盤底のゆるみや、膀胱尿道のトラブルによる尿を排出する能力の低下が要因として働き、長い時間をかけて、次第に腹圧による尿の排出と尿の漏出とが強化されていくプロセスなのです。


出産後の骨盤底筋トレーニングは、出産後6カ月までの短期間に尿もれを軽減する効果かがありますが、出産から2年間以上の長期的な観察では、骨盤底筋トレーニングをしている人の方が腹圧性尿失禁になりにくいという予防防止効果は示されていません。

一方、出産した女性の中には骨盤底のすぼめ動作をしながら腹圧で尿を排出するくせのある人や、そもそも膀胱の収縮力が著明に低下していて、排尿のとき腹圧をかけないではいられない人がいます。骨盤底筋を十分に鍛えることができたとしても、このような排尿のしかたを続けていれば、次第に腹圧による尿の漏出が強化されもれやすくなる懸念があります。

監修:社会福祉法人三井記念病院 産婦人科医長 中田真木先生