Japan

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)
  1. home
  2. 病院・クリニックのかかり方
  3. 便秘・肥満の解消|尿もれ百科事典

尿もれ改善への生活指導

尿もれの原因となる生活上の問題点を取り除くため、必要な方には生活指導があります。

この生活指導を守るだけでも、尿もれが治る方もいるほどですから、ぜひ参考に。


その人の症状により異なりますが、以下のような指導が考えられます。


●水分摂取が多すぎる方、夜尿のある方


1日の食事以外での水分摂取が2000ccを超える方は、少し減らした方がよいかもしれません。特に夕食以降の過剰な水分摂取は、夜間の尿量増加に直結するので問題です。


●水分摂取が少なすぎる方、頻尿の方


水分摂取が少なすぎると膀胱にたまるおしっこの量が少なくなり、少ない量の排尿を繰り返す傾向になりやすいと同時に、尿が濃くなるため膀胱が刺激され、尿意が強くなるともいわれています。 1日の排尿が800cc未満にはならないよう、また、ある程度尿意を感じるまでトイレへ行かないように指導されます。


●肥満の解消


太っているといつも腹腔内や骨盤腔内の圧力は高く、骨盤底には大きな力がかかり続けます。また、1回1回の尿もれの量も多くなるので、体重オーバーを解消することには大きな意味があります。


●便秘の解消


便が大腸にたまっていると膀胱機能が不安定になり、それが原因で尿もれが起こっていることもあります。便秘解消の食事指導としては、食物繊維の多い野菜類、海草類、豆類、キノコ類、乳酸菌(ヨーグルトなど)等をとるように指導されます。


●排尿障害のある方


溢流(いつりゅう)性尿失禁、尿排出障害のある方の場合は、残尿を取り除くため、尿道に管を差し込み膀胱から直接尿を取る「導尿」が必要なことがあります。


セルフケアとして1日2~8回自分で導尿をする「自己間欠導尿」は、必ず医師や看護師の指導を受けて行ないましょう。


監修:名古屋第一赤十字病院 女性泌尿器科部長 加藤久美子先生