Japan

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)

チャームナップのご購入は以下からどうぞ

(外部サイトへ移動します)
  1. home
  2. 病院・クリニックのかかり方
  3. 受診の目安|尿もれ百科事典

受診の目安

病院や診療所を受診する・しないは、本人が「日常生活を送る上で、これではまずい」と感じるかどうか、というのがひとつの目安です。


軽い腹圧性尿失禁の場合は、尿もれパッドを当てたり、骨盤底筋トレーニングを行なっていれば生活上あまり問題はなく、受診も必要ないことが多いようですが、本人が生活に支障があると思っている場合は、受診してみるといいでしょう。


腹圧性以外の尿失禁でも、不具合や不快感を感じるかが受診の目安といえます。どの科に行くべきかは悩むものですが、まずは泌尿器科か産婦人科のどちらかを受診しましょう。


「腹圧性尿失禁」は泌尿器科もしくは尿失禁に取り組んでいる産婦人科、「性器脱(骨盤臓器脱)」に伴う尿もれの場合は産婦人科にかかるのが、現在のところ一般的です。


腹圧性以外の尿もれの場合や持病のある方などは、かかりつけの医師にまず相談するか、総合病院、または尿失禁外来のある病院を受診するといいでしょう。


監修:名古屋第一赤十字病院 女性泌尿器科部長 加藤久美子先生